家族を幸せにしてみせる!ウォーターサーバーのある生活

メインユーザーはお母さん(料理編)

せっかくウォーターサーバーを利用するなら、飲み水だけではなく料理にも活用して味をワンランクアップさせたい!そう腕まくりをしているお母さんもいるでしょう。水の硬度によって、料理に向き不向きがあることを知っていますか。硬度120以上の水を「硬水」、それ以下を「軟水」と呼びます。日本のミネラルウォーターは、大部分が軟水です。軟水を使うと美味しいのは、和食全般です。特に和食の決め手になる鰹だしや昆布だしをとるのに軟水を使うと、旨味成分のイノシン酸・グルタミン酸がしっかり溶け出して深い味わいになります。野菜の甘味を活かした煮物、汁物は軟水向きの料理です。毎日の食卓に欠かせないご飯も、軟水で炊くとふっくらします。ポイントは、米をとぐときから軟水を使う点。とぐ時に使う水を、米が吸っているからです。
一方、硬水が向いている料理もあります。肉を煮込む料理がその代表です。硬水の中に含まれるミネラルが肉を固くしてしまう成分と結びつき、アクとして煮汁に出ます。そのため、肉の仕上がりは柔らかくホロホロになります。鶏や牛すね肉などでスープを取るなら、硬水が断然オススメです。和風だしは軟水、肉を使うスープストックは硬水と覚えてくださいね。

参照リンク

天然水のウォーターサーバー・・・天然水にこだわりたいならこのサイトに人気の会社がまとまっています。